その他の事例:公益財団法人日本盲導犬協会公式ホームページ

読み上げブラウザ用メニュー

メインメニュー

このページの本文へ
以下は通常ブラウザ用のメインメニューです。


寄付・入会する

MENU

寄付・入会する

公益財団法人日本盲導犬協会

その他の事例

市立のスポーツ施設で拒否、そこから受入れマニュアル作成へ

経緯

市立のスポーツセンターのプールに家族で通いたいと思い、盲導犬同伴での利用を申し出たところ、プールのあるエリアは裸足で歩く場所もあるので犬は入れないと言われた。障がい者も利用できるようバリアフリー環境も整っている市の施設であるため、受入れを求めたがプールのあるフロアはどうしても入場を認められなかった。一緒にいった小学生の娘は落胆し、ユーザーは自身の障がいに責任を感じてしまった。

協会の対応

協会から施設に連絡し状況を確認。プールエリアの利用を断ったことは事実であった。あくまでこの施設の管理責任は市にあるので、施設だけでは判断できないとの見解であった。

施設を管理する市の担当者へ連絡したところ、「盲導犬は受入れるよう指導している」と現場とは矛盾した回答であった。これを受け、市と施設それぞれの担当者が話し合いを行った結果、ユーザーがプールを利用できるように盲導犬を受入れるとしたうえで、現場スタッフが正しく対応できるようマニュアルを作りたいと要望があった。

数回電話での対応をした後、協会職員が直接施設まで足を運び、ユーザーへの対応方法や盲導犬の待機場所を検討して、どのように対応するのがよいか具体的なアドバイスを行った。

これをもとに施設側は盲導犬受入れのマニュアルを作成。ユーザーへも報告をした。

協会からのコメント

協会からのコメント

スポーツ施設利用の工夫はさまざま

スポーツ施設や温泉などでは、衛生面だけでなく安全の確保ができないという理由で、盲導犬の同伴を断られることがよくあります。もしかすると、盲導犬がプールサイドやお風呂場まで誘導すると想像したのかもしれません。そこまでは盲導犬は誘導しません。

盲導犬ユーザーが運動や入浴する際には、盲導犬は安全が確保できる場所に待機させます。待機させる場所については、施設環境やユーザー、盲導犬によっても工夫の仕方は様々ありますので、受入れ側とユーザー双方でよく話し合って決めていきます。例えば、定期的に同じスポーツ施設を利用するユーザーは、盲導犬が安心して待機できるようその施設にユーザーが持参したケージを常備してもらっています。

安心してスポーツできることはユーザーにとっても大切なひと時です。工夫の仕方に迷ったら、まずユーザーと相談してほしいと思います。

ユーザーと運転手、食い違う双方の言い分(タクシー乗車拒否)

経緯

いつも盲導犬の定期検診に行く動物病院。受診後、暑さも厳しい日であったのでタクシーで帰ることにして病院前でタクシーを呼びとめた。ところが「大型犬はだめ」と言われ、同行していた友人が盲導犬であることを説明したが、「本社から犬の乗車については現場のドライバーに判断を委ねられている」と乗車を拒否された。次に来たタクシーには乗車できたものの、拒否にあったタクシーも大手企業であったので、今後の対応も確認したく後日協会に乗車拒否について相談があった。

協会の対応

まずはユーザーから状況を確認。タクシー内に搭載してあるカードをもらっており、運転手名や日時も正確に把握していたため、本社へ連絡し事実確認をしたところ、運転手からは「動物病院前にいたので、盲導犬のハーネスが見えず、ペットと勘違いしてしまった。付き添いの人と話すうち、盲導犬と理解し乗車を勧めたが、他のタクシーに乗るとユーザーが立ち去ってしまった」と乗車拒否を否定し、双方がいう事実に食い違いがみられた。

会社としては、補助犬の乗車については全ドライバーに周知しているとのこと。今回の運転手がユーザーに対して不快な思いをさせてしまったことに対して謝罪があった。

ユーザーに連絡し、事実に食い違いがあり真相の追及までは行わないが本社担当者には理解を示していただいたことを報告した。

協会からのコメント

協会からのコメント

双方の誤解が招いた事例

盲導犬ユーザーが知らない場所での移動や真夏の暑さが厳しい時には、タクシーは欠かせない移動手段です。この事例は、大手タクシー会社のタクシーに乗車拒否されたというユーザーと、最初は断ったが盲導犬と気づいた後受入れたと主張する運転手と、それぞれの言い分が異なっていました。その時の状況や言葉の表現、感情によってお互い誤解をしたのかもしれません。

また最近では、「車内が汚れるから」と盲導犬の乗車拒否をしたタクシー運転手に対し、道路運送法に違反するとし車両停止の行政処分が下された厳しい事例もあります。

あるユーザーの場合、小さな駅で1台しかいなかったタクシーに乗車拒否をされてしまい、次のタクシーが来るまで長い時間待ったという話もあります。そんなとき、周りにいる方が「この犬は盲導犬ですよ」の一声で、運転手が気づくかもしれません。視覚障がいの方にとって欠かせない移動手段として、どうか受入れをお願いします。

ページの見え方を切り替えるメニュー

ページのトップへ戻る
ページのトップへ戻る