第15回 視覚障がいのかたの読書の楽しみかた:公益財団法人日本盲導犬協会公式ホームページ

読み上げブラウザ用メニュー

メインメニュー

このページの本文へ
以下は通常ブラウザ用のメインメニューです。


寄付・入会する

MENU

寄付・入会する

トップページ > リハビリテーションを利用する > リハ職員のつぶやきコラム > 第15回 視覚障がいのかたの読書の楽しみかた

公益財団法人日本盲導犬協会

第15回 視覚障がいのかたの読書の楽しみかた

視覚障がいのかたの読書の楽しみかた

神奈川訓練センター
堀江智子

視覚障がいのかたが本や雑誌を楽しむ方法として、点字図書館で音声図書(CD)を借りて、プレクストークという機械で聞くという方法があります。「昔は本を読むのが好きだったけど、見えなくなってからあきらめた」という方には、是非、音声図書をお勧めいたします。地域の点字図書館に電話をして利用登録手続きをすれば利用できます。本を探すときには、「今話題の新刊は何か」「この作家のタイトルは他にどんなものがあるのか?」などを聞くと、探してもらえます。点字図書館で発行しているお便りもCDになっていて、今月の新刊や話題の本などの情報も載っています。 
また、最近では、インターネット上にあるサピエ図書館を利用して音声図書のデータを取り込み、24時間本を探して楽しむかたもいらっしゃいます。サピエ図書館では、パソコンなどのインターネット回線を利用して、ホームページから本を検索したり、音声図書や点字のデータをパソコンにダウンロードして取り込み音声で聴くことができます。音声図書は「デイジー図書」と呼んでいて、デイジー図書を再生する機械は「プレクストーク」「プレクストークポケット」「プレクストークリンクポケット」、「ブックセンス」などがあり、日常生活用具にも指定されています。機器展示会などがありましたら、体験してみてください。視覚に障がいのあるかたで、どのように利用すればいいかわからないというかたがいらっしゃいましたら、当協会リハ部職員にお尋ねください。 

プレクストークプレクストーク

プレクストークポケットプレクストークポケット

ブックセンスブックセンス


ページの内容終わり

ページのトップへ戻る

このページの関連メニュー

ページのトップへ戻る

ページの見え方を切り替えるメニュー

ページのトップへ戻る
ページのトップへ戻る