第14回 便利な携帯電話:公益財団法人日本盲導犬協会公式ホームページ

読み上げブラウザ用メニュー

メインメニュー

このページの本文へ
以下は通常ブラウザ用のメインメニューです。


寄付・入会する

MENU

寄付・入会する

公益財団法人日本盲導犬協会

第14回 便利な携帯電話

便利な携帯電話

仙台訓練センター
リハビリテーション事業部 菅原

携帯電話がなかったころには「待ち合わせに遅れる〜」という場合どうやって連絡していたんだっけ?と思うほど、いまや持っているのが当たり前になりつつある携帯電話。確かに便利なものです。携帯電話にはいくつもの種類があり、あまり機械に強くない私にはついていけないことが多いです。でも、仕事の中では携帯電話の使い方の訓練をすることがあります。携帯電話には画面を読み上げてくれる機能がついているものがあり、見えない方、見えにくい方にとっても便利なものだからです。そこで、今回は携帯電話について少しお話したいと思います。
ドコモのらくらくホンという携帯電話には音声で読み上げる機能が付いています。読み上げる音の速さや音量、女性の声か男性の声を決めることができます。音声時計の代わりにもなりますし、画面を白黒反転にしたり、文字の書体を変更することも可能です。メールでは漢字の変換も音声で読み上げてくれるようになりました。たとえば、「野菜」と入力し、漢字変換を行うと、「野原の野、野菜の菜」というように、漢字の意味を読み上げてくれます。今ではこのように音声読み上げ機能をうまく使えば携帯電話のほとんどの機能を使えるようになってきているようです。ただ、購入時の設定では自動で読み上げないようになっている場合が多いので設定を変える必要があります。
携帯電話のキー操作をするのが大変!という方にお勧めなのは音声でメールを作成するという機能。「おはようございます」と受話器に向かって話をすれば、「おはようございます」という文字が画面に入力されます。方言はうまくいかないこともありますが。
そのほか、携帯電話に向かって「電卓」といえば電卓が使用できる画面が表示されたり、「電池残量」といえば電池残量を確認する画面になるという機能があるものも。電話帳に登録さえしておけば、たとえば「さとう」といえば佐藤という方の電話番号が表示され、そのまま電話をかけることもできます。この機能を利用すればいちいちアドレス帳から検索するという操作をしなくてすみますね。
音声での読み上げ機能以外にも、ボイスレコーダー(録音機能)が付いている携帯電話があり、メモ帳代わりに携帯電話が使えます。ボイスレコーダーに録音したものをそのままメールで送るということもできるようですよ。
文字のメールを送る代わりに自分の声をメールとして送るという「声の宅配便」というサービスも始まったようです。
今回紹介した機能がすべての携帯電話についているわけではありませんのであしからず。でも、自分の携帯電話はだめなのよね〜と言っているあなた。まずはご自分の携帯電話の機能を今一度確認してみては?実は設定していないだけなんてことも。
らくらくホンを使っている方は「らくらくホンセンター」というところがあり、フリーダイヤルで携帯電話に関する相談にのってくれるところがありますので、「私の携帯電話にはこんな機能があるの?どうやって設定するの?」と尋ねてみてはいかがでしょう。らくらくホンに限らずauの携帯電話などでも音声読み上げ機能が付いているものもありますよ。ぜひ確認してみてください。もっと凄い機能が隠れているかも。
これらの携帯電話操作については当協会で訓練をおこなっていますので、うまく使いこなしたいという方はリハ部までご相談ください。

「声の宅配便」は株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。

ページの内容終わり

ページのトップへ戻る

このページの関連メニュー

ページのトップへ戻る

ページの見え方を切り替えるメニュー

ページのトップへ戻る
ページのトップへ戻る