第10回 【震災を振り返って②】 地震が起きたその時 〜福島県郡山市〜:公益財団法人日本盲導犬協会公式ホームページ

読み上げブラウザ用メニュー

メインメニュー

このページの本文へ
以下は通常ブラウザ用のメインメニューです。


寄付・入会する

MENU

寄付・入会する

トップページ > リハビリテーションを利用する > リハ職員のつぶやきコラム > 第10回 【震災を振り返って②】 地震が起きたその時 〜福島県郡山市〜

公益財団法人日本盲導犬協会

第10回 【震災を振り返って②】 地震が起きたその時 〜福島県郡山市〜

【震災を振り返って②】 地震が起きたその時 〜福島県郡山市〜

仙台訓練センター
リハビリテーション事業部 内田

3月11日午後2時46分、私は福島県郡山市のIさん宅でパソコン訓練をしていました。
インターネットを使って録音図書を聞く練習をしていました。ちょうど夏目漱石の本をダウンロードして、試しに少し聞いているうち、私の携帯電話のバイブレーション機能が唸ったのですが、それが緊急地震警報だとは分かりませんでした。「何の音でしょうね」と話をしていると、カタカタと細かいゆれが始まりました。Iさんは掃き出し窓を開け、私はストーブを消し、様子をうかがっているうちに揺れはどんどんどんどん大きくなっていき、しまいには今まで経験したことのない、体をつかんで揺さぶられるような激しい揺れに変化しました。私たちは開け放った窓の窓枠にしがみつき、耐えることしかできませんでした。隣の家はコンクリート造りの3階建ての住宅だったのですが、まるでやわらかなゴムでできているかのように左右にゆがみ、みるみるうちに壁に亀裂が走り、窓の鍵が外れて開いていきました。他の家では、瓦が崩れ落ちていきます。倒壊の恐怖を感じましたが、ここであわてて動いてはいけないとIさんと話しあいました。

5分以上にも思われた長い揺れがようやくおさまると、テレビをつけようとしましたがつかず、そこで停電に気付きました。Iさんが電池式のラジオを持ってきてくださり、ニュースを聞きました。郡山市で震度6だったことを伝えていました。震源が宮城県沖だったとも言っていました。すぐに仙台訓練センターに連絡を取ろうとしましたが、携帯電話は通じず、固定電話も停電で使うことができません。災害伝言ダイヤルを使おうとしましたが、携帯電話からは使えないということを知らず、無駄に電池を消耗しました。普段から練習しておかなかったことを悔やみました。そうこうしているうちにも、余震が次々にやってきて、窓枠から手を離すことはできませんでした。そのうち、ひときわ強い地震がやってきました。あとから考えると、あれは茨城県震源の地震だったようです。

あんなに激しい揺れにさらされたにも関わらず、1階では目立った被害はなく、私たちがいた部屋も電気の傘がずれたくらいで、ケガをすることはありませんでした。Iさんのご家族が無事に帰宅され、午後4時ごろ、私は仙台に向けて出発することにしました。道路には落ちてきた瓦が散乱していましたが、ご家族がよけてくださいました。ブロック塀が倒れていたり、古い家屋の壁が崩れていたりしましたが、周囲はそんなに混乱した様子は見られませんでした。ただ変な天気で、ふぶいたかと思えば晴れわたり、そうかと思うとまた吹雪になりました。それは夜中までずっと続いていました。

高速道路が通行止めになっていることはIさんのラジオで聞いていましたので、国道に向かいました。あちこちで渋滞が発生し始め、なかなか思うように進めません。途中でコンビニに寄り、公衆電話から訓練センターに連絡を取り、みんなが無事であることを聞きました。のろのろと進んだり止まったりしているうちにあたりは暗くなり始めました。ときおり、余震のために車ごとゆっさゆっさと揺れました。宮城の放送に切り替えたラジオからは、宮城県の被害状況が伝わってきます。でも今いる場所の信号はついているし、倒壊した建物も見当たらず、100kmも離れていない場所がそんなにひどい状況になっているとはとても信じられない気持ちでいました。宮城の放送が聞き取りにくい場所では、福島の放送に切り替えましたが、その時、福島原発の関係者インタビューのようなものが少し入ってきました。水位がどうのとか、燃料棒がどうのとか、よく分からないけれど、つまり大丈夫であることを言いたいようでした。

国道は土砂崩れのため通行止めとなり、私はカーナビの地図を頼りに迂回して帰り道をたどりました。宮城県に近づくにつれ、信号は消え、闇が濃くなっていきました。コンビニは窓ガラスに新聞紙や段ボールを貼って閉店していましたが、宮城県内に入るとそんな様子すら分からないほど周囲は暗くなりました。

仙台訓練センターに帰りついたのは、真夜中でした。
初めて見る、明かりひとつついていない小さなセンターでした。 

ページの内容終わり

ページのトップへ戻る

このページの関連メニュー

ページのトップへ戻る

ページの見え方を切り替えるメニュー

ページのトップへ戻る
ページのトップへ戻る