加藤 健一さん:公益財団法人日本盲導犬協会公式ホームページ

読み上げブラウザ用メニュー

メインメニュー

このページの本文へ
以下は通常ブラウザ用のメインメニューです。


寄付・入会する

MENU

寄付・入会する

トップページ > 応援メッセージ > 加藤 健一さん

公益財団法人日本盲導犬協会

加藤 健一さん

加藤健一事務所では1998年の秋から東京・下北沢の本多劇場で、公演ごとに「舞台説明会」を実施しています。これは、目の不自由な方たちが観劇中にイメージをふくらませる助けとなるように、他の観客が入場する前の約30分を利用して説明者が舞台上を歩き回り、大道具や小道具の位置・形・大きさ・色・材質など、出演者の衣裳、どうしても視覚に頼らなければわかりづらい場面などを言葉と音で解説するという取り組みです。
この取り組みは、目の不自由な方たちの権利とか福祉について考え抜いた末に始めたというわけではなく、私ができるだけ多くの人たちの笑顔に劇場で出会いたいだけだったのです。もし盲導犬が来ていたら、盲導犬も笑わせてみたい、それが表現する者の欲なんです。
もともと私は犬が好きなのですが、劇場や街中で盲導犬に出会うたびに「すごいなあ、偉いなあ」と感心し、入店拒否などの話を耳にすれば、「けしからん!」と腹を立ててきました。それでも、盲導犬との歩行を希望する人たちに対して盲導犬の数が圧倒的に少ないという事実を知ったのはつい最近のことで、驚くと同時に残念に思っています。盲導犬を育てるには実に多くの人たちの努力や協力と資金が必要なのでしょうが、今後、盲導犬の数が飛躍的に増えることを心から願っています。
私の芝居を観て笑ってくれる盲導犬が増えるように、私も頑張ります!

プロフィール
1949年、静岡県出身。劇団俳優小劇場養成所卒業後に劇団新芸を結成。劇団公演を続けるかたわら、つかこうへい事務所の作品に多数客演。80年、一人芝居「審判」上演のため加藤健一事務所を設立。代表作は「審判」「セイムタイム・ネクストイヤー」「詩人の恋」など。紀伊國演劇賞個人賞、芸術祭賞、芸術選奨文部科学大臣賞など受賞多数。
加藤健一事務所ホームページ
http://homepage2.nifty.com/katoken/

ページの見え方を切り替えるメニュー

ページのトップへ戻る
ページのトップへ戻る