76号 穂刈顕一さん&ナフィ 美奈子さん&ポーチ夫妻:公益財団法人日本盲導犬協会公式ホームページ

読み上げブラウザ用メニュー

メインメニュー

このページの本文へ
以下は通常ブラウザ用のメインメニューです。


寄付・入会する

MENU

寄付・入会する

トップページ > 盲導犬を利用する > 盲導犬ユーザーの紹介 > 76号 穂刈顕一さん&ナフィ 美奈子さん&ポーチ夫妻

公益財団法人日本盲導犬協会

76号 穂刈顕一さん&ナフィ 美奈子さん&ポーチ夫妻

穂刈顕一さん&ナフィ 美奈子さん&ポーチ夫妻

盲導犬がつないだ縁に感謝
2人と2頭ならどんな困難も乗り越えていける

仕事もプライベートも出かけるときはいつも盲導犬と一緒です 左から顕一さん、ナフィー、美奈子さん、ポーチ仕事もプライベートも出かけるときはいつも盲導犬と一緒です
左から顕一さん、ナフィー、美奈子さん、ポーチ

穂刈さん夫妻は今年の4月に結婚式をあげたばかりの新婚です。2人の出会いは神奈川訓練センターでの共同訓練。センターの洗濯室から部屋へ戻る途中で迷い、途方に暮れていた美奈子さんが、たまたま顕一さんに声をかけたのがきっかけでした。その時の様子を美奈子さんは「恥ずかしかったけど思い切って声をかけました。そうしたら、一緒に共同訓練をしている若い子だった。」と笑います。話が合い、徐々に2人の距離は縮まり、顕一さんがプロポーズし晴れて夫婦となりました。
2人とも仕事をしていて、平日は忙しい毎日を送っています。そんな中で、顕一さんの元気の源は、美奈子さんの手料理です。美奈子さんの料理について「最高においしい。ベスト3は1番がミートソーススパゲティ、2番が豆腐ハンバーグ、3番がなす味噌炒めです」と顕一さん。栄養士の資格を持つ美奈子さんは、顕一さんの健康を気遣い忙しい中でも必ずキッチンに立ちます。2人であれこれ話をしながら夕飯を囲むのが日課です。
2人が生活を始めるにはいろいろ苦労もありました。2頭の盲導犬を受け入れてくれる部屋はなかなか見つからず、途方にくれたことも。そんな辛い思いも2人で共有することで大きな力に変えていきます。美奈子さんを安心させたい一心で、顕一さんは何とか今の家を見つけました。
仕事が休みの日は、スーパーまで買い物へ出かけたり、年間パスポートを利用して東京ディズニーリゾートにも遊びに行きます。散歩好きな2人は、自宅から片道2時間かけて東京タワーまで歩いたこともあります。「初めての場所は苦手だったけど顕一さんとなら安心して行けます。一緒に歩くことが本当に楽しい」弾んだ声で美奈子さんが話します。2人に影響を受けたのか、2頭のパートナーたちもいつの間にか仲良しに。2人と2頭並んで歩くのを楽しんでいるようです。
それぞれ1頭目の盲導犬が引退することとなり、2頭目の共同訓練開始日が同じ2012年1月16日だった穂刈さん夫妻。「共同訓練が同じ期間だったのは奇跡だったね」その偶然に感謝します。仕事もプライベートも全力で取り組む2人。これから、2人と2頭が進んでいく先にはどんな未来が待っているのか。今から楽しみでなりません。

共同訓練で始まった縁。ついにゴールイン!共同訓練で始まった縁。ついにゴールイン!

ページの見え方を切り替えるメニュー

ページのトップへ戻る
ページのトップへ戻る