訓練生とウィークエンドパピーウォーカーの共同作業:公益財団法人日本盲導犬協会公式ホームページ

読み上げブラウザ用メニュー

メインメニュー

このページの本文へ
以下は通常ブラウザ用のメインメニューです。


寄付・入会する

MENU

寄付・入会する

トップページ > 島根あさひ訓練センター > パピープロジェクト > パピープロジェクト便り > 訓練生とウィークエンドパピーウォーカーの共同作業

公益財団法人日本盲導犬協会

訓練生とウィークエンドパピーウォーカーの共同作業

本格的な夏が到来し、島根でも毎日暑い日々が続いています。

それでもパピー達は毎日元気いっぱいに、センターの中庭を駆け回って、
職員の方がバテバテになることもしばしば。

第9期パピープロジェクトも、早いもので間もなく折り返し地点を迎えます。
社会復帰促進センターへ委託された春から今日まで、パピー達は色々な経験をしてきました。

港に行って、波と遊んでみました「なんだこれ」

馬との挨拶。最初だけ、おっかなびっくりでしたが・・・。


パピーたちも、訓練生とウィークエンドパピーウォーカーの方との生活にすっかり慣れた様子。月曜日には訓練生たちに尻尾をフリフリ、金曜日にはウィークエンドパピーウォーカーに尻尾をフリフリ。

それぞれの場所でたくさん可愛がってもらっているパピーは、訓練生もウィークエンドパピーウォーカーの家族も大好きなようです。

実は今、「パピー育成手帳」を通じてパピーの「得意技」が話題になっています。あるパピーは「お手」だったり「仰向けに寝転んでゴロンと転がる」だったり、訓練生とウィークエンドパピーウォーカーは、直接会話をする機会はありませんが、お互いの場所でのパピーの様子などを共有しています。

盲導犬になった時に人と歩くことが楽しめるようになるため、パピーの時期に人と一緒に遊びながら何かを学ぶことは、とても重要な経験となります。

パピーたちの得意技が、どこまで出来るようになるかが楽しみです。

ページの内容終わり

ページのトップへ戻る

このページの関連メニュー

ページのトップへ戻る

ページの見え方を切り替えるメニュー

ページのトップへ戻る

ページ終わり

ページのトップへ戻る
SSL GMOグローバルサインのサイトシール